ともともカフェ
  ⇒ファッション/音楽
ともとものカイテキ!住まい
  ⇒住宅/エネルギー/家具・インテリア
ともともの子供たちのいるところ
  ⇒教育・子育て情報
ともともの中古書籍の販売
  ⇒古本屋さん
テレビの話題をウオッチ
  ⇒テレビの情報番組をウォッチ!
ともの健康とダイエット
  ⇒TVや雑誌などで話題の健康法、健康食材、ダイエット方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地震に思うこと


阪神・淡路大震災
1995年 1月17日 5時46分、淡路島北部、沖の明石海峡を震源として、マグネチュード7.3の地震が発生
7,000人以上もの人が死んだ都市の直下で発生した地震。
明け方発生した地震のため、死んだのは家の崩壊などでの圧死が多かった。

私も発生して翌日、兵庫県に知り合いがいたため救援物資を車に積んで、車を徹夜で高速を走らせたことを思い出します。
大阪に入って大渋滞。
裏道、自衛隊の検問をかいくぐりやっとの思いで物資を届けた事がありました。
その時、高速道路が横倒れし、ビルが崩壊した様子を目にしたことを忘れもしません。



東日本大震災
2011年 3月11日 14時46分、宮城県牡鹿半島沖、太平洋の海底を震源として、マグネチュード9.0の地震が発生
15、000人以上もの人が死んだ地震。
この地震は、津波による死者が多かった。
映像も生々しく、世界にTUNAMIの恐ろしさをより伝えた地震。
また、この地震が原因で原発の炉心溶融(メルトダウン)による放射能汚染というとんでもないおまけがついたのも記憶に新しく、原発の危機管理にも影響を与えた。

私の親戚が石巻に住んでいたため、やはり高速を走らせ駆けつけた事がありました。 その時、田んぼの中に大きな船が横たわっていたことと、内陸でありながら、潮の香りがしていたことがおもいだされます。


そして・・・


熊本地震
2016年 4月14日 21時26分、熊本県熊本地方を震源として、マグネチュード6.5の地震が発生
発生して現在まで合わせての死傷者は1100人を超え、今なお、死傷者は増え続けている。

現在も人々を苦しめているこの地震は、マグネチュード5以上の余震が断続的に続く油断ならない地震。


こうも異常気象や地震が毎年のようにおこると、以前話題になった「南海トラフ巨大地震」の発生や、「東京都直下型の地震」が発生するのも時間の問題では!?と思ってしまいます。
でも、日本て、日本自体が巨大な活断層で、リング・オブ・ファイアの一部。
その上に住んでいることを自覚して、生活しなくちゃいけないわけで、日本人ってより防災意識が強い民族でなくてはいけないと思います。



ふと、日本沈没のセリフを思い出してしまいました。

プレートの断裂は北海道の南部から始まる。
日本の活断層はそのエネルギーに耐え切れず次々に割れていく!
フォッサマグナが裂け始めたら、その時はもうおしまいだ。
富士山の大噴火とともに、日本は一気呵成に沈んでいくんだ!



今回は熊本でしたが、いつ自分の住んでいるところで地震が発生するかわかりません。
日本が沈没しないまでも、防災意識を常に持っていないといけないと思いました。

このサイトも、目に着いた、調べた、体験した防災防犯情報を出来るだけ多く載せていこうと思います。



初めての方から安心して学べます【コミュニケーション心理学】
---------------------------------------------------------------
動画・DVD再生フリーソフトGOM PLAYER
フリーの高性能動画プレーヤー、定番です。
---------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------------


人気ブログランキングへ

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

[ 2016年04月24日 03時53分 ]
自然災害
| トラックバック(0) | コメント(1) | @

地震が発生しました!

大地震が起きました!

日本観測史上最大の地震だそうです。

マグニチュード:8.8

うちの家族が心配でなんとか帰ってきました。
なんとか家族はみんな無事!
最近、世界各国で地震が増えていませんか?
実に不安です。

後、余震がまだ頻繁にあります。
余震だからと言って舐めてはいけません。
本震も怖いですが、余震が重なることでの被害もあります。

NHKのニュースで見ましたが、あの津波の速度!
あれでは走っても逃げられません。
それにこれからさらに大きな津波が迫っているそうです。
実に予想としては、10メートルにもなるそうです。
今からでも、高台に逃げて!

■地震情報(気象庁)

■津波の様子(NHK動画)
 津波がこんなに早いというのがわかります。

■地震・津波情報|NHK
 時系列に被害が載ってます。

■地震情報(ヤフーの地震/津波情報)

緊急用ダイヤルで伝言を残す 171+1+電話番号
緊急用ダイヤルで伝言を再生 171+2+電話番号

■東北地方太平洋沖地震に関する情報

■Person Finder (消息情報): 2011 日本地震
 人を探している / 消息情報を提供するなどのサービスがあります。

※NHKのテロップを見ると死者が現在どんどん増えてます。

■NHK安否情報ダイアル…03-5452-8800 / 050-3369-9680

■災害用ブロードバンド伝言板(web171)

■それからうちは、住友林業で家を建てたのですが、住友の家に関する情報は、こちら・・・
各県の災害用の窓口が出ています。
●札幌支店 TEL 011-700-2824
●仙台支店 TEL 022-223-7561
●仙台支店 盛岡営業所 TEL 019-631-2122
●山形支店 TEL 023-612-0515
●山形支店 庄内営業所 TEL 0234-23-6205
●福島支店 TEL 024-933-4353
●福島支店 福島営業所 TEL 024-521-2411
●福島支店 いわき営業所 TEL 0246-58-5077
●水戸支店 TEL 029-304-0102
●つくば支店 TEL 029-855-2511
●宇都宮支店 TEL 028-683-0155
●小山支店 TEL 0285-21-1189
●群馬支店 TEL 027-364-0105
●群馬支店 両毛営業所 TEL 0276-49-0717
●千葉支店 TEL 043-274-5585
●木更津支店 TEL 0438-22-2614
●京葉支店 TEL 047-393-7603
●柏支店 TEL 04-7199-5300
●成田支店 TEL 0476-24-5375
●埼玉支店 TEL 048-600-0698
●埼玉東支店 TEL 048-987-5066
●埼玉西支店 TEL 049-247-4749
●池袋支店 TEL 03-5950-2481
●東京東支店 TEL 03-5629-5952
●城南支店 TEL 03-5717-6110
●目黒支店 TEL 03-5793-5571
●東京西支店 TEL 0422-23-7287
●多摩支店 TEL 042-528-2285
●東京南支店 TEL 042-722-3691
●横浜支店 TEL 045-226-1185
●横浜北支店 TEL 045-914-5680
●さがみ支店 TEL 046-294-2285
●湘南支店 TEL 0466-27-7977
●甲府支店 TEL 055-268-1621
●信州支店 TEL 026-264-7631
●信州支店 松本営業所 TEL 0263-59-7777
●新潟支店 TEL 025-257-8783
●新潟支店 長岡営業所 TEL 0258-37-7230

うちはもう電話をしました。
おそらく、各保険会社や建築会社、住宅メーカーもこのような対策室があると思いますから問い合わせてみた方がいいです。







初めての方から安心して学べます【コミュニケーション心理学】
---------------------------------------------------------------
動画・DVD再生フリーソフトGOM PLAYER
フリーの高性能動画プレーヤー、定番です。
---------------------------------------------------------------



---------------------------------------------------------------------


人気ブログランキングへ

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

[ 2011年03月11日 22時41分 ]
自然災害
| トラックバック(0) | コメント(0) | @

津波は危険です

昨日、うちの子供たちにせがまれて茨城県のアクアワールド茨城県大洗水族館に行ったのですが、チリの大地震の影響で発生する津波の為、ちょうど着いたその時に水族館の閉鎖が決まったようでUターンして帰ることになりました。
うちは栃木県で帰るにしても高速道路を使って往復4時間ぐらいかかります。
子供たちも楽しみにしていたので大変残念がって帰りは大泣きでした。
奥さんと「結局、ドライブで終わっちゃったね」と話をして帰りは子供たちをなだめて1日が終わったという感じです。

子供たちも「どうして津波が怖いのぉ」と言っていましたが、津波がどれだけ怖いか!
津波は地震によって引き起こされる高波です。

どのように怖いか?
私は経験がありませんが知人に聞いたり、調べたりすると…
確かに到達したときも危険なのですが最も危険なのが押し寄せた水が引く時です。
押し寄せたスピードより水が引くスピードが速く、足元など取られて流されてしまいます。
そのまま海の引きずり込まれ、沖に流されたらまず終わりです。
それに引くスピードが速いということはガレキやものが同時にすごいスピードでながされて来ますからそのガレキやものが当たって大けがをしたり、死んだりすることも…
とにかく津波警報が出たら避難した方が賢明です。

警報でよく1メートル、2メートルという数字が出てきて、
「たいしたことないなぁ」
なんて思ったりしていませんか?
1メートルということは襲ってくる水の量は半端なものではありません。
つまりあっという間に1メートルの深水に身を置くことになるわけです。
よく山の川で遊んでいて急流で足を取られることがあります。
数センチでもそのように流されるわけです。
それがメートル単位に襲ってくるのですからたまったものではありません。



初めての方から安心して学べます【コミュニケーション心理学】
---------------------------------------------------------------
動画・DVD再生フリーソフトGOM PLAYER
フリーの高性能動画プレーヤー、定番です。
---------------------------------------------------------------



---------------------------------------------------------------------


人気ブログランキングへ

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

[ 2010年03月01日 15時24分 ]
自然災害
| トラックバック(0) | コメント(0) | @

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の直前に貼り付けてください。 -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。